スマートハウス・エコハウス:省エネ住宅でエコライフ!のTOPに戻る

太陽光発電システムにおいて補助対象となる経費


太陽光発電の補助金をもらうには(平成25年度)、1kWあたりの補助対象経費が50万円(税抜き)以下が条件となります。つまり、1kWあたりの補助対象経費が50万円を超えると補助対象外になり補助金は交付されません。注意しましょう。

補助対象は以下の通りです。

1)太陽電池モジュール

2)架台(建材一体型の場合は、0円になる場合があります。)

3)パワーコンディショナ

4)その他付属機器(接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器)
(パワーコンディショナ等と付属機器が一体となったものを使用の場合は、0円になる場合があります。)

5)設置工事に係る費用(配線・配線器具の購入、電気工事費・安全対策費等含む)
※運搬費、立会検査費、産業廃棄物処理費等、本工事を行う上で必要となる諸経費は、「設置工事に係る費用」に組み入れてください。

関連コンテンツ

太陽光発電補助金申請の概略

まず第一に、補助金申込書を提出します。 この申込日に期限が設定されていて、それを過ぎると無効となってしまいますから、注意が必要です。 申込が受理されると、その旨の通知書が送られてきます。 ・・・

東京都の太陽光発電補助金

国の政策で太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用した事業に補助金が支給されます。 東京都では国の補助金とは別に、独自の補助を実施していました。 東京都住宅用創エネルギー機器等導入促進事業・・・

太陽光発電の補助金に関する情報は業者任せにしない。

太陽光発電の導入を検討するにあたり国の補助金を当てにして、太陽光発電システムを導入しようと考えている人は少なくありません。 というか、ほとんどの方がそうでしょう。 なので最新の情報を入手し・・・

太陽光発電のメリット

太陽光発電の導入を考える上で、気になるのは、どれくらいの経済的メリットがあるかということですね。 太陽光発電の設備を設置するための初期投資には補助金が出ます。 しかし、残念ながら補助金だけ・・・