スマートハウス・エコハウス:省エネ住宅でエコライフ!のTOPに戻る

植物の緑化による省エネ・節電


 住宅に植栽を取り入れることで、様々な省エネ効果を得ることができます。

 夏には強い日射を遮ってくれますし、またそれと同時に、屋外の温度を下げる効果もあります。また涼風、清風を得られます。

 冬に葉が枯れ落ちる落葉樹なら、冬には日射を利用できます。

 夏には温度を下げる効果があり、冬には温度があがるのを妨げないので、一年中、室内を快適温度に近づけ、冷暖房によるエネルギー消費を抑えることができるのです。

 植栽を行う時には樹木の選択に気をつける必要があります。

 常緑樹は、夏には強い日差しを遮り涼しさをもたらしますが、冬には温かい日差しを遮ってしまいます。

 南向き、東向き、西向きの窓の周囲には落葉樹が適しています。特に南面には藤棚などで日陰をつくることも効果的です。

 北向きの窓の周辺には、冬の間の目隠しや防風に有効な常緑樹が適しています。

 また樹木の成長に伴う枝葉の広がりや高さを予測して、個々の住宅の植栽場所に適しているか判断して樹木を選ぶことも大切です。

 植栽の中でも壁面緑化や屋上緑化は、近年省エネ住宅として注目が集まっています。

 これは壁面にツタ植物、ルーフテラスに芝生などの植物、屋根にも様々な植物を植えて緑化する方法です。

 緑化は、植物の葉で太陽光線のエネルギーを吸収するので、また土壌の水分などもあり、断熱効果があるため、冬は暖かく、夏は涼しく室温を保ち、冷暖房効果を高めることができます。

 そして緑は、今、注目を浴びている温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)を吸収するため、環境にもやさしいものです。また近年都市部で問題となっているヒートアイランド現象の緩和に役立ちます。

 植物は生き物であり、植栽や屋上、壁面の緑化には、水やりや雑草の抜き取り、枝葉の手入れなどの手間がかかるのも事実です。

 しかし環境にやさしく、視覚的にも精神的にも住む人に良い影響を与えるもので、今後多くの省エネ住宅に積極的に取り入れられることが望まれます。

関連コンテンツ

壁面緑化実例:難波パークス(大阪)

 屋上緑化で有名な難波パークスですが、屋上に壁が豊富にあり、壁面緑化も行われています。  壁面を植物が覆い始めています。あと数年も経てば、壁面全体が覆われ、美しく緑化されるでしょう。 ・・・

屋上緑化の実例:難波パークス(大阪)

 今回は屋上緑化の実例をお目にかけましょう。  大阪で最も有名な屋上緑化が施されたスポットというと難波の難波パークスでしょう。  できてまだ数年ですので、植物が充分に育っているとは・・・

屋上緑化による省エネ・節電

省エネ住宅の省エネ対策のひとつに、現在注目を浴びている屋上緑化があります。 屋上緑化とは、屋根やルーフテラスに芝生などの植物を植えて緑化することです。また壁を緑化する壁面緑化があります。 ・・・