スマートハウス・エコハウス:省エネ住宅でエコライフ!のTOPに戻る

窓の断熱で省エネ・節電


 住宅の窓の大きな役割の一つに、太陽光線を取り入れることがあります。太陽光線が入ってくると、明るくなるだけでなく、部屋が暖かくなります。熱も一緒にとりいれているのですね。

 室温は外気の侵入の度合いによって大きく変動してきます。

 窓は隙間できやすく、また日射が入る場所であるので、窓は室温に多大な影響を及ぼします。また壁と比べて熱伝導もよいので、なおさらです。

 昔と比べて性能が良くなった現代の住宅では、窓ガラスからの熱気、冷気の侵入と損失が室内に大きく影響しています。

 実際に住宅メーカーの調査では夏は窓から外の熱が53%室内に侵入し、冬は暖かい空気が37%流出するという結果もあります。

一般的に住宅の窓ガラスとして多く使われるものには、フロート板ガラス、型板ガラス、編み入りガラス、合わせガラス、複層ガラス、真空ガラスなどがあります。

 その中でも断熱性の高いものは複層ガラスや真空ガラスなどです。

 真空ガラスというのは、真空層を2枚のガラスの間につくったものです。「真空は熱を伝えない」という原理から開発された窓ガラスです。

 複層ガラスは、空気やガスを、2枚以上のガラスの間に入れてつくられたものです。

 これらのガラスは断熱を目的に開発されたもので、住宅の中で高い断熱効果を発揮します。

 そこで省エネ住宅の建築には、一般的に窓にはペアガラスや断熱サッシが多く利用されています。

 そして窓枠も断熱性の高い構造のものや、断熱効果の高い木や合成樹脂でできたものがあります。

 ヨーロッパやアメリカのような省エネ意識の高い国では、ほとんどの住宅の窓で複層ガラスを取り入れています。日本でも近年では新築住宅において真空ガラスや複層ガラスの採用が多くなっています。

 実際にはガラスと窓枠の断熱性と、住宅がおかれる環境を総合的に判断して、住宅に必要な窓が決まっていきます。

 また外気からの影響は窓の数や位置によっても変わります。

 窓の数は同じ室内に2箇所以上あると風通しがよく、夏の遮光と冬の日射の両面を考慮すると、低い位置が適当だといえます。

 省エネ住宅には窓の対策が重要なポイントになります。

 窓を有効に利用し、冷暖房に頼り過ぎない生活を心掛けたいものです。

関連コンテンツ

外断熱・内断熱で省エネ・節電

 住宅の断熱、断熱性能の向上を考えるとき、壁も重要な対策ポイントです。  住宅の新築時やリフォーム時に壁の断熱対策を十分しておくことで、冷暖房の効果を高め省エネを実現することができます。 ・・・

断熱材の種類

 省エネを実現するためには、冷房時には外からの熱気が入ってこないように、暖房時は室内の熱が外に逃げないようにすることが大事です。  したがって、省エネ住宅の壁や床、屋根などは多くの断熱材によって・・・