スマートハウス・エコハウス:省エネ住宅でエコライフ!のTOPに戻る

環境共生住宅


 環境共生住宅とは、資源、エネルギー、、廃棄物などの面で、住む人が健康で快適に生活できるような工夫がされ、環境への配慮が施され、また周辺の自然環境と調和した住宅のことをいいます。

 この環境共生住宅が提唱される背景には、地球の環境問題や、資源問題、都市化による住宅環境の悪化があります。

 現在では、国をあげて省エネ住宅や環境共生住宅の普及に取り組んでいます。

 環境共生住宅は、地球環境の保全を重要な目的の一つに挙げています。

 それには、環境負荷の少ないエネルギー、風力発電、太陽光発電などを利用することが重要になってきます。

 石油、石炭、ガスなどの使用を減らし、自然エネルギーを有効に利用することが一つの手段です。

 そしてもう一つの目的に、周辺環境との調和、親和性があります。

 住宅周辺に植栽を施したり、住宅敷地内や屋上を緑化することで、野鳥や虫などの生態系との共生が実現します。同時に、大気汚染、ヒートアイランド現象などの環境問題への対策としても有効です。

 また、環境共生住宅の概観は周囲の景観になじむことが大切です。

 地域の町並みに住宅を調和させることは、精神的にも、視覚的にも心地よい環境をつくることができます。

 そして3つ目の目的に居住環境の健康、快適性が挙げられています。

 住宅内の揮発性の有害物質が原因で発生する「シックハウス症候群」を防ぐためにも、内装材、建材へ十分配慮することが必要です。

 また高齢化社会の到来にともない、住宅全体をバリアフリーにし、手すりを取り付けることも一つの方法です。

 環境共生住宅の実現には、それぞれの住宅に合った方法を採用していくことになります。

 環境共生住宅は、省エネによって環境問題の改善を目指す省エネ住宅とともに、今後私たちの住宅の基本となっていくことが期待されています。

関連コンテンツ

空調と省エネ・節電

 一般家庭におけるエアコンの消費電力は、家庭の電気消費量全体の4割を占めると言われています。  エアコンによるエネルギーの消費量を抑えることが省エネ住宅では必須です。  特に梅雨から夏には・・・