スマートハウス・エコハウス:省エネ住宅でエコライフ!のTOPに戻る

空調と省エネ・節電


 一般家庭におけるエアコンの消費電力は、家庭の電気消費量全体の4割を占めると言われています。

 エアコンによるエネルギーの消費量を抑えることが省エネ住宅では必須です。

 特に梅雨から夏には湿度が高くなり、快適な室内環境を作るためにエアコンを利用する機会が多くなります。

 エアコンに頼らない生活、それが一番の省エネです。しかし、現実には日本気候というのは、さほどすごしやすくないので、天候によってはエアコンが必要な場合もあります。

 そこでエアコンの機種の選び方に注意することによって、省エネにつなげていく方法があります。

 エアコンは店頭でも様々なメーカーのものが販売されています。機能や性能も多様です。

 購入する際に、まず、最初に確認するべき点は省エネラベルです。

 これには省エネ性マークと省エネ基準達成率、そしてエネルギー消費効率、目標年度の4つの情報が示されています。

 多機種を比較検討するときには、ぜひ参考にしたいものです。

 機能面では、自動的にフィルターの掃除をする機能がついている機種が、近年人気を集めています。

 一般的なエアコンのフィルターは、掃除をしないとホコリがたまり、冷房の効率を下げてしまいます。

 自動掃除機能はエアコン内部をきれいに保つ機能です。

 フィルターの掃除を自分でしなくても、冷房効果を維持することができるので、省エネだといえます。

 他にも、近年のエアコンは、その家庭に最適な運転を自動で行う機能があったり、人を感知して運転を調整する機能があり、無駄を省くことで省エネ効果を上げることが期待できるものです。

 エアコンは省エネ住宅にも欠かせないものです。地球環境をこれ以上、悪化させないためにも、なるべく環境への負荷が少ないものを選びたいものです。

関連コンテンツ

環境共生住宅

 環境共生住宅とは、資源、エネルギー、、廃棄物などの面で、住む人が健康で快適に生活できるような工夫がされ、環境への配慮が施され、また周辺の自然環境と調和した住宅のことをいいます。  この環境共生・・・